どうやったって良い方にしかいかないことになっている♡

鳥栖でヨガをするならピンク薔薇こころヨガピンク薔薇
基本の『き』から教えてくれる、の定評をいただいております、松隈美穂です^^

 先日、ものすごくぱっかーんときた出来事があったので、

そのきっかけとなったブログを紹介して、

現在の私の状態を書いておきたいと思います。

すごく私事になりますので、私に興味のある人は読んでくださいねw

 

 

 まずきっかけとなったブログはこちら

Nali phychology ナリ心理学オフィシャルブログより
自分を大切にしようブームの次。
https://ameblo.jp/nalipsychology/entry-12399569967.html

 

ナリくんのブログは、

FBなどをみていると、たまにシェアされていることがあり、

興味があるタイトルが多くて読ませて頂いています。

心の状態をすごくわかりやすい言葉で表現されているので大好きです。

 

 さて、私、ここ最近、自分に対して疑問に思っていたことがありました。

 

それは、あんなにこだわっていた食事や育児法や洗剤、などなど

「もー、どーでもいいわー」

と思ってしまっているのです。

 

 栄養素とかバランス良く食べる、なんてものはもちろん、

ヨガの中で大切にされグルジから勧められた菜食、

育児の中でよく出てくる添加物を避けた食事、

地球環境を守り、身体に悪影響を与えることのないと言われる石鹸洗剤など。

 

「どーでもいい」と思ってる。

「人生決めるのはそんなもんじゃない。」

私の心は確かにそう思っているのです。

 

 ナリくんが書いている「自分を大切にする」ブームが世間に訪れたのは、

「アナ雪」がきっかけだったと私は思っている。

きっとその前からそういうブームになってたから、

あの作品が生まれたのかもしれないけれど。

多くの人がはっきりとして意識し始めたのはおそらくあの頃。

私は、リアルタイムで映画は見れなかったけど、

後にDVDで見てちょうど自分とエルサが重なる気持ちになったのを覚えている。

 

 ちょうどその頃2人目の子育て中だった私、弱冠36歳w

この頃が全てのものへのこだわりのピークだった気がします。

 

 この頃は、悩みも多くて体の不調も酷かった。

だから、食事に気をつけて、皮膚に触れるものを選んで、

体に取り入れるものも良いものを使っていたら、

 

健康になれるって思ってた。

幸せになれるって思ってた。

そうやって育てた子供はまっすぐに育つって思ってた。

でも違った。

 今と違い夫は8時半から20時半くらいまで仕事で、

一人で子育てしながら朝、昼、晩って食事の準備。

しかも体に良いものを作ろうと思ってるからそりゃあ大変。

 

 化粧はしてなかったので、楽ではあったけど

今よりすごく肌がキレイだったかと言えばそんなことはない。

むしろ今の方がいいと思う。

 

 毎日のように子どもを怒鳴っていたし、手を出すことも。

そのせいか長男は1つ目の保育園で色々と問題起こすし、

もうどうにもならなくて保育士の前で泣いたこともある。

 

 子どもが可愛いなんて全く思えなかった。

 

こんなんじゃない、そう思ってた。

でもね、変えられずにいたんです。

心で感じている違和感があるのに、そこには触れたくなかった。

そういうことはないことにして、どうしたら上手くいくんだろうって考えてた。

考えているフリしてた。

だって、そこと向き合ったら、

自分が大切にしていた拠り所を疑っていかなきゃいけなくて、

それで考えた結果これまで頑張ってたものが違うってなったら、

私は何を信じて生きていったらいいのか分からなくなるから。

当時そこをつついてくる人には全力で噛み付いてたよねw

 

 だけど、よくいうように心と身体はつながってるから、

無理がたたって身体に現れて、ぎっくり首の本当にひどいものになってしまい、

どうにもならなくなったのです。

しかもこの時期何度も何度も。

夫が勤めている整骨院に行き治療してもらうも、スッキリとはいかず。

ふと浮かんだのが、この時はまだ佐賀で整体をされていたオオエダさん。

この時で5年来の付き合いで、ほぼSNSでのやり取りでしたが、

連絡してみたのです。

 

全身整えてもらい、どんな話をしたのかは忘れたけど、

なんか泣いたのは覚えている。

そんなこともあり、施術後は妙にスッキリしたのです。

そして、思った。

 

身体壊してまで私何やってんだろって。

 

すっごく吹っ切れた。

正確にいうと吹っ切ったって感じ。

 

そう。

決めたのです。

 

私は自分を生きるって。

 

その日に書いたブログがこれ。
好きなことしていいんだなぁ
https://ameblo.jp/miho-yogablog/entry-11913962475.html

 

 

菜食がいいですよとか言ってたのに、フレンチトースト食べて、

ブログにまで載せてるから驚きですw

 

 臆病者なので、生活の全てを一気に何でもありだー!

にはできなかったけど、

魂の部分が決めてるので、進む方向はブレない。

少しづつ少しづつ

「大丈夫」を確かめながら世界を広げていった感じ。

 

だって、自分を生きると言っても、

「自分」というものがよく分かってもいないので、

楽しい!と感じること、心が心地よいと感じることをやっていってみようと、

手探りの状態だったように思います。

 

 そうやって生活する中で、何年かたって、

これが当たり前になってしまって、

今回振り返るまで、私は自分がこう決めたことすら忘れてしまってたwww

ウケる。何だそれって感じ。

 でも、人間慣れてしまうと、

本当にあんなに大きな決意をして恐る恐る踏み込んだ世界ですら、

普通になってしまうのですね。

 

今、大切なのは自分が決めたルールに従って生きていく事ではなく、

自分が心ときめくものを楽しんでやっていくこと。

 

世の中の正解と言われているものを鵜呑みにするわけでもなく、

本当にそうなのか?って本やネットから情報集めて考えるわけでもなく、

私がそれして心地よいかしら?

って、ただそれだけなのです。

 

 子どもに対してもそう。

食事や身体に悪いものを如何にして避けるかを考え選んで育てることも、

それはそれでいいかもしれないけど、

それよりも私が好きなことやって自分をいつも満たしてて、

その状態で笑顔でぎゅーって抱きしめたりニコニコしてる方が、

子どもは嬉しいと思う。そして、安心して育つと思う。

結果、落ち着いて強くまっすぐな子に育つのではないかな
(と、期待している(//▽//)w)。

 

 数ヶ月前に保育園で、

「プラスチック製の水筒は環境ホルモン?か何かで身体に悪いから、

ステンレス製のものにできるだけ変えましょう、まとめて注文しますから!」

みたいなのがあったんです。

そのエビデンスを載せた引用文献までプリントで配られました。

以前だったら、そういうエビデンスには恐怖を感じて

「じゃあ私も買っとくか。。。」となっていたと思うのですが、

そのときは、

「そんなの買ったらものは増えるし、お金はかかるし、うちいくつ買わんといかんと思いよるんじゃ!!」と、全く心地よい感じがしなかったので、

「無理無理無理!こんなん買うわけないやーん」とパサっと切ってしまい、

ママ友さんを苦笑させたものです。。。

 

いや、これは別にステンレスの水筒が悪いわけではなくてね。

出ているエビデンスに反抗したくなる中2病なわけでもなくw

ものがどうこうじゃないのです、

それを使う人の気持ちの問題なのです。

 

食べ物も何を食べるかよりも、どんな気持ちで誰とどこで食べるか。

それによって身体への影響も絶対変わってくると思うのです。

だって、気持ちで出てくるホルモンだって変わるじゃないですか。

 

 余談ですが、私は4人いる子どもの中で、

末っ子が別格に可愛いのですが、

それは4番目だからということもあるけど、

こうやって私自身がしっかりと自分を整えているから

2歳イヤイヤ期の真っ只中、できないことを「自分でするーー!!」にも

可愛いと思って向き合うことができているのだと思ってます。

 

 だからね、ほんと、小さなこだわりでどうこうよりも、

自分のやりたいことをやって楽しんでいくのに忙しいのです。

ナリくんのいうことがすごくよくわかる!

 

圧倒的に足りないのは、時間です!!!

ホント、自分とかどーでもいいw

 

 でもね、今こう言えるのは、

食事を気にしたり、身につけるものをこだわったり、

色々な育児法を徹底的にやってみたからです。

 

 世の中、いろんな考えの人がいるので、

自分が良いと決めたものをやりきるというのは、意外に難しい事でもある

(例えばヨガを始めてベジタリアンになりパートナーと食事が合わず離婚される方も多くいるといいます)。

 

でも、その中でも自分が決意したことを自分のためにやってみる、

ということをやったのです。

 

自分を大切に守るために。

 

それを経てやってきたのは、

それまでに抜け出し切れなかった、親や世間や常識という、

従っていれば安心だったものから一歩踏み出した世界。

 

だれかに反対されようと、

自分が良いと思ったものを自分のためにやって、

自分を大切にしきったからこそやってきた、新しい世界。

 

面白いことに、

言葉だけでいうと、

以前は「人を優先して、自分をどーでもいいように扱っていた世界」

だったのが

今は「やりたいことありすぎて、こだわってる場合じゃないからどーでもいいの世界」

一周回って「どーでもいい」のだけど、中身が違いすぎる!!!

😆😆😆😆😆😆😆😆😆😆😆😆

 

ね!?

言葉よりも、

自分自身がどう感じているかが大切なのですよ。

 

だから

ヨガのレッスンでは、生徒さんに今ここで心がどう感じているのかを問うし、

ダイエット講座では好きでもないことをやっていないか、

どうでもいいと感じるものを食べていないか聞くのです。

 

心地よいものばかりを選んでいったら、

わがままな生き方になるんじゃないかとか、

頑張ってないと堕落した世界に行くんじゃないかとか、

不安な方もいると思います。

 

でも、私たちは大丈夫なのですよ。

ストレスを減らしたら、無茶苦茶なことはしなくて済むのだから。

 

現に、私、どーでもいいとかいいながら、

心地の良い方を選んだ結果、野菜中心の食事だし、

化学調味料より自然の出汁が美味しいと思うし、

臭い人工香料の入った洗剤よりも、

洗濯マグちゃんで洗うくらいのNO洗剤がベスト。

 

結果、こだわってた頃とあまり変わっていないのだけど、

心地良さが基準なので、これから先何を選ぶことも自由にできる♡

それが良いのです。

 

私の個人的な話なのに、ここまで読んでくださってありがとうございます。

ピンときたら、きっと同じ周波数かも。是非会いにきてくださいね。

LINE@登録もお待ちしてますよ(そっちかーいw)

タイトルとURLをコピーしました