下半身へのアプローチ~キレイナアシノツクリカタ〜

鳥栖でヨガをするならピンク薔薇こころヨガピンク薔薇
基本の『き』から教えてくれる、の定評をいただいております、松隈美穂です^^

そろそろ朝夕の肌寒さを感じる季節になってきました。

人は上半身と下半身であれば、

下半身の方が筋肉量が多いのです。

そして、

私たちの熱を作ってくれるのは筋肉ということを考えると、

気がけて鍛えていったほうが良さそうですね。

 

以前アメブロで下半身のことについて書いた記事がありました。
今回改変して掲載したいと思います。
以下がその時の記事です。👇👇👇
 

私は、スタジオのレッスンでも時々言いますが、
 
細ければよいというものではないと思っています。
 
体の美を求めるのであれば、

いつの時代も変わらず目を引くのは
 
曲線の美しさです。
 
 
つまり、

出るところは出てしまるところはまっている

 
それはもちろんにも言えることだなと思っていて、
 
そうしていくためには、

やはり

筋肉とふんわりとついた脂肪は必要なのです。
 
 
そして、

現代は流行として、細い足が好まれる、

ということ。
 
細さはあくまで流行
(しかも一部の地域での)
 

ということなんですよね。
 
 
そして、

美しい脚は

機能的にも優れていることも否めません。
 

例えば

膝が痛い方などは、膝が変形していたり
 
股関節が痛いと言われる方のお尻がペタンコだったり
 
そのような例は多々あります。
 
 
私は見た目だけの美しさではなく、
 
健康的で疲れにくいということも、

全体を通して見たときに
 
その方の美しさになっていると思っているので、
 
極端なやり方はいたしません。

👆👆👆以上がその時の記事です。

 

現在もこの時と気持ちは変わりません。

 

細ければいいというものではなく、

しっかりとつけるところにはついていて、

細くあるべきところをむくみなどで太くしない、

 

これが大切だと思うのです。

 

本日ちょうど、

コンディショニング目的にて

プライベートレッスンを受けてくださった方がいらっしゃるのですが、

 

ご自分の血行は変えられますし、

むくみも減らせますし、

この二つに比べたら

少し時間はかかりますが、

適切な動きを行うことで必要な筋肉はついてきてくれます。

 

そして、

下半身だけを整えればいいかというと、わたしはそうは思わなくて、

上半身(特に体幹ですね)がグラグラだと、

脚はその分カバーしなければならず

負担がぐんと上がりますよね。

 

結局全身かーぃってことなんですが😅

きっかけとして、

ご自分の気になるところから始めていけば良いのではないでしょうか。

レッスンは若干空きがありますので、

どうぞ体験からいらしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました