ヨガの教え

鳥栖でヨガをするならピンク薔薇こころヨガピンク薔薇
基本の『き』から教えてくれる、の定評をいただいております、松隈美穂です^^

 

先日ヤマの一番初めにあります「アヒンサ」という教えのことを書きました。


アヒンサの次に来る教えが「サッティア」、嘘をつかない、ということです。

某元宗教法人の施設で「サティアン」という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれませんが、

おそらくこの言葉からきてる?かもです。

 

この教えもとても大切なものなのでお伝えしたいのですが、

2016年12月にアメブロの方で書いていた記事がありました。そちらを引用したいと思います。

 

ここから↓↓↓

最近は生き方を振り返る出来事が色々ありまして。

嫌なことが起こる時は、
自分の気持ちを無視して動いてしまったときなんだな

と、あらためて感じました。

 

つい昨日起こったことは、本当に些細なことなんだけど、

どうしようかな~、
気が乗らないけど一応いった方がいいかな~、行く段取りにしといたしなぁ、みんな行く感じだしなぁ」
 

なんて、

さっぱり行くことに対して前向きではないのに行ってしまったのです。

そこでどんな感じになるかも何となく予想はついてたのに。

 

案の定、グダグダな感じになり、

私は心身ともに疲れ果て、子どもも一緒の行事ごとだったので、

何より子どもにキツイ、嫌な思いをさせたなぁと、

私の優柔不断な意思に付き合わせてしまったことに思い切り反省したのであります。

 

相手方へは言いたいこともあり、もともと伝えて帰ろうとは思ってましたが、

この疲労感により、提案というよりも、

相手方のへ非難、クレーム、文句といった形で私の口から飛び出てきたのでした。

 

つい先日も同じ感じで、

大切な人に言わなくてもいいようなことを言ってしまったのですよね。

 

自分の本当の気持ちがあるくせに、

相手の状況がそれに合ってないから、引いたつもりだったんだけど、

神様は見逃さなかったなぁ。

ほんとにつまらないことを

その人に言わせてしまった上、それに被せるようにして

私は酷いことをその言葉への反応として言ってしまったのです。

 

もう、サイテー

ヨガにはサッティアという言葉があります。

正直でいるという教えです。

この教えは、

私たちはついつい、対人であったり、対物であったりというところで考えてしまいがちなのですが、

何より大切なのは、

自分に対して

なのですよね。

 

そこの根底が揺らいでいる時に、人や物に対して素直な気持ちで接せられる訳がない。

 

分かってるのにね~、

葉や理屈では分かってるはずなのに、実践することは難しいものですね。

まだまだ修行は続きそうです…

👆
ここまでが元記事なのですが、書いた本人がこのとき何があったのかさっぱり覚えていません。
(なんなら、書いたことすらいつも忘れてしまうのですが)

でも、今読んでも

自分の気持ちを無視した結果、嫌なことになってしまったな

ということは十分伝わります。

アヒンサもそうだったように、サッティアもまずは自分からです。

と言っても、自分に正直に生きるというのはすごく難しい。。。

そう思っている方がめちゃくちゃ多いのです。

 

誰しもが

自分が思った通りに生きていけたら、そう思ったことがあるはずです。

でも、実行した方はどれほどいるのでしょうか。

もちろん、初めからうまくいくわけはありません。

 

なぜなら、これまでに

「そんなに上手くいく訳が無い」とか「重い通りに生きるのはわがままだ」とか

言われたり、

「みんなのことを考えて動かなければいけません」とか「足並み揃えて」と

教えられてきているから。

現代の学校の多くは、
将来会社に所属するサラリーマンになって、
集団の中で周りと協調しながら働いていくということが前提にあり、
そこに向かって教育が行われているように思われます。

 

だとすると、

自分の思いがあったとしても、集団の意思の方が尊重され、

そこから外れると集団の方に合わせていくことを求められます。

年齢が低いほど、先生という存在は大きいので、

その中で自分の個性を出していくのは至難の技です。

そうなると、自分の思いというのはあっても主張せず、周りに合わせていた方が楽です。

こう言った環境の中では、

自分に正直に生きるというよりも、

そもそも

「自分は本当はどうしたいのか、どう考えるのか」という自らの意思すらも持たなくなります。

 

現代の大人にも、

「自分のやりたいことがわからない」という方は多いです。

まあ、仕方ないですよね。でも、そうであったとしても、

神様はちゃんと変わるタイミングというのも用意してくれているのです。

それが、「なんか上手くいかない」と感じるときです。

 

それだけではなく、

日々の中になんか引っかかる、と感じる言葉だったり存在だったりを用意してくれています。

それって、初めは小さなものだったりするのだけど、

それで気づかないともっともっと大きな出来事を与えて、気づかせてくれるのです。

 

なんか、私の人生、大変なことばかり起こるとか、生きづらいなーと感じているとか、

そういう方はそれは

神様が自分の人生を生きていくためのステージへ引き戻そうとしてくれているのです。

 

早く気づいて戻らないと、もっと大きなことが起こるかもよ。。。と脅すわけでは無いのですが😅

人はみんな感じる力をちゃんと持っているのですから、

本当はどうしたがいいかなんて知っているはずなんです。

だってね、

神様って自分の心の中にいるのですから。

気づいてしまうと、今いる世界から方向転換しないといけないので、

それが怖くて気づかないふりをしているのですよね。

 

そろそろ自分に素直に生きる方向へ舵をきってみませんか?

変わっていくのに遅すぎることはない、

むしろ

今現在がこれからの人生の中で一番早い瞬間なのです。

タイトルとURLをコピーしました