プロフィール

体の不調を取り除くことで「やりたいことがやれる自分になる」
をサポートするスペシャリスト。

<略歴>
国立鹿屋体育大学を卒業
その後専門学校柳川リハビリテーション学院
理学療法学科卒業

2003年鳥栖市啓心会病院勤務 主に整形外科・脳神経外科
2004年〜2016年大島病院勤務 脳神経外科・精神科・デイケア等
勤務時代、ボバース、筋膜リリース、運動連鎖アプローチなどを学ぶ

2009年タイマッサージを習得しにタイ・チェンマイへ
旅行中に出会ったヨガに感動!帰国後ヨガスタジオへ通い始める。
2009年11月YOGABREEZE TT修了。
2010年4月よりスタジオや地域の公民館にてレッスンを担当。
2011年3月第1子出産
2011年8月よりベビーとヨガ☆、託児付きヨガ定期開催@妙善寺。
2013年11月より大木町・大川市にて託児付きヨガレッスン開催中
サークル活動として多くの子育て世代のママたちと関わる。
2014年OM YOGAマタニティヨガTT修了
2015年OM YOGA シニアヨガ TT修了
2016年OM YOGA RYT200TT修了
アライメントを重視したヨガを学ぶ
2017年2月 第4子出産
2018年5月こころヨガとしてレッスン開始

現在、7歳5歳3歳1歳の4人子育てしながら活動中

 

 

理学療法士としてリハビリサポートの仕事を行う中で、
ストレッチや筋トレ、こちらの手技的な治療だけでは
回復に至らなかったり、痛みが取れても又繰り返す
患者さんに数多く出会い、なぜだろうと悩む日々を過ごす。

ヨガに出会い、ヨガの学びを深める中で、自身がカラダが
変わりココロも楽になってきたことを実感。

合わせて、人は目的や意欲を持ち動くことで、身体回復の
大きなカギとなることを感じ、臨床にてヨガを動きを取り入れる。
そこで治療効果として心身両面での変化を目の当たりにする。
ここから、気持ち良いだけのヨガではなく、機能的・精神的な面に
アプローチできるヨガのメソッドを体系化していく。

<大切にしていること>
ヨガのレッスンの中で起こる反応は、日常の中でも同じように出ている
反応と思っています。つい他のことに気持ちが向いてしまったり、
「これくらいにしておこうかな」とか諦めの気持ちが出てきたり、
または何故こうなるのだろうと深いところまで考えたり、本当に人それぞれ。
それは現在の自分自身を知るのにとても価値のある情報です。
大切なのは、決してそれを否定しないで欲しいということ。
良いも悪いもありません、ただそうだということです。
では、そこからあなたはどうしたいですか?どう進みたいと思っていますか?
と、次のステップを考える時に、何かしらヒントになるレッスンができればと思っています。

そして、この繰り返しで、進みたい方向へ近付いていくこと、自己実現を叶える
サポートができるよう寄り添っていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました