カラダが硬くてレッスンへいくのを躊躇しているあなたへ

鳥栖でヨガをするならピンク薔薇こころヨガピンク薔薇
基本の『き』から教えてくれる、の定評をいただいております、松隈美穂です^^

さて、タイトルに書いたように、

カラダが硬いことを気にされている方は

本当にたくさんいます。

男女問わず、年齢も問わず、よく聞かれる質問が、

「私、カラダ硬いんですが、ヨガできますか?」です。

こんな感じ。

その度に大丈夫ですと説明するのですが、

今日は、

・どういう風に大丈夫なのか
・どうすればしなやかな体へ近づけるのか

を説明したいと思います。

 

まず、上の写真に書かれているように、もともとヨガのアサナは、

瞑想を行う時に長時間座っていて、

「あー、しんどいわー」
とか
「めっちゃ腰突っ張るわー」
とかそういうのを感じなくていいように、
 
しっかりとした姿勢で
座れるだけの柔軟さと、筋力を獲得するために行われていたもの
なのです。
 
つまり
 
カラダが硬い方のためのもの
 
なのです。

 
つまりつまり〰
 
最初からバッチリ動けるんだったら、ヨガいらんやん、っていう話です。

 

レッスンの内容によっても変わりますが、

基本的にこころヨガのレッスンでは、

ポーズを取る時に一つ一つ段階を経て進めるようにしています。

なので、硬くてきついと思う方がいたら

👌そのステップまで進めて呼吸をしながら深めたらいいですし、

👌慣れている方は同じポーズであってもさらに深める誘導を行いますので

どんどんやっちゃってください。
 
こういうことをやってるので、

初心者の方と上級者の方が一緒のクラスになっても大丈夫なのです。
 
 
 
しなやかな体になりたいわーって、多くの方は思うでしょうし、

私もどうしたらいいのかいつも相談されますが、

私なりの答えは

「無理をしない。
痛気持ち良い所で
やめておく」

です。

 

頑張れば頑張るだけ良さそうな気もするんですがね、
 
私たちの体には防御反応というのがあるんです。
 
なので、痛すぎるとカラダが反応して、

📢「それ以上筋肉が伸びたら危ない、力を入れて守るんだ!!」という指令を出すのです。

一方、

気持ちいい要素があると、

体はどんどんリラックスして、筋肉は緩んでいってくれます
 
だから、

初めは頑張りすぎないほうが、ある程度動ける体に近づくにはいいのです。

そうはいっても、😕

隣で他の方が自分より上手にできていると、

自分ももっと頑張らなくてはいけないと感じる方もいます。

そういう反応が出てきたときは、

自分の心の方と向き合うチャンスです

 

人は動くことで、
自らの内側にある思いやいつも同じように出てくる反応に気づくことができます。

 

そういうものと向き合っていくのも、またヨガなのです。

だから、心と体は繋がっている、とも言われるのですね。🧡

こういうのは、

体が硬いからこそ、

綺麗にアーサナができないからこそ向き合うことができるもの。

 

こう言ったところも含めてヨガを楽しんでいただけたらと思います。

そういう気持ちで、

私は参加してくださる方々のことを見てますのでお気軽に参加してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました